第737回例会報告

July 17, 2019

2019年7月16日(火)に第737回例会を開催。

渋谷区文化総合センター大和田の、図工室を思わせる「学習室6」が会場でした。

 

今回TMOEを務めたK冶です。江戸クラブに入会してかれこれ10年とちょっと。

これまでのTMOE経験、例会運営をスムーズに行うための私なりの工夫を

参加者の前でお話しする「5分×4回のセッション」をプログラムに挟みました。

 

内容は

●準備スピーチ2本

●テーブルトピックス(少し長めの20分)

●論評2本

●総合論評

という内容。

 

今夜の言葉は、Y田さんによる「ご機嫌」。非常に使いやすい言葉でしたね。

 

★JOさん「どこまで行くの?」

他クラブで披露した内容を、さらにブラッシュアップした2回目のスピーチ。

タイムマネジメント、ボディランゲージ、単調にならないように、などの改善を経て

緊張感のあるスピーチを披露してくれました。

 

★K城さん「意外と知らない著作権」

著作権とは何か、なぜ存在するのか。難しくかたい内容を、丁寧に説明してくれました。

私たちのスピーチにも著作権があるというのは、興味深かったです。

 

テーブルトピックセッションは、初司会のM田さんが担当。

・失敗したこと

・腹が立ったこと

・私の自慢話

・梅雨が終わったらやりたいこと

・長年不思議に思っていること

・今年の目標と、現時点の達成度

・楽しかった夏の思い出

いつもより長めの20分。

ゲストさんを含めて多くのスピーチを聴くことができるのは、TTの醍醐味ですね。

 

準備スピーカーへの論評はH本さん、Hぎさん。総合論評はI川さんが担当。

スピーチ、例会への励ましと建設的な評価をいただきました。

 

受賞者は

ベストスピーカー JOさん

ベスト論評 Hぎさん

ベストTT ゲストY山さん

サンキュー笑顔 Y田さん

です。おめでとうございます!

 

なお例会中、私がみなさんと共有したTMOEのコツは

ざっくりまとめると下記の通り。

 

【1】目と耳を使って全方向に配慮する。TMOEはプログラムに沿って司会するだけにあらず。

スピーカー、各役割担当者をフォローしながら進行すること。

【2】例会はパブリックな場。参加者の名前は「フルネーム」で呼ぶ。

【3】スピーカーが達成すべきプロジェクトを理解し、聴衆に確実にアナウンス。スピーカーの目的をはっきりさせる。

【4】スピーチタイトルは2回言う。スピーカー&スピーチをリスペクトし、スピーチを聴衆への印象づける。

【5】コメントタイム、タイマー報告を忘れない。多くの人が忘れがち。

【6】TMOEの「型」は仕事、生活に活きる。「型」を身につけ、「型破り」に実践しよう。仕事に展開するのがオススメ。

また個人的には事前準備も重要だと考えます。

特に事前シミュレーションをすると、課題が見えますし、自信を持って本番に臨めます。

 

と、いろいろ書きましたがTMOEをやってみて、改めて「司会って結構疲れる」と実感。

しゃべるだけでなく、全体に神経を行き届かせるには、本当に集中力を使いますね。

 

本例会では、オーソドックスで奇異をてらわないプログラムにしました(私はいつもそんな感じですが)。

ですが、個々にアレンジを加えたり発展形を目指すのもアリかと思います。

 

ということで、737例会報告でした。

皆さんのTMOEも楽しみにしています!

 

K冶

 

Please reload

Recent Posts

April 21, 2020

March 31, 2020

February 18, 2020

February 4, 2020

Please reload

Archive
Please reload