第730回例会報告

April 1, 2019

 

新元号「令和」の発表があった翌日、平成も残り一か月を切った4/2に第730回例会が行われました。

 

今夜の言葉は、K城さん。平成にちなんで、「平静」というタイムリーな言葉でした。

 

準備スピーチは4本

1人目は、H澤会長。人を笑わせるというお題のスピーチで、テーマがなんと「マッチングアプリ」。マッチングアプリで出会った女性とのデートを赤裸々に語っておられました。殆どの聴衆はマッチングアプリがどういう仕組みなのか知らないゆえ興味津々。笑うというよりも、微笑ましい気持ちで聞いておりました。H澤さんのデート遍歴スピーチ、大変楽しかったです。続きが是非聞きたいですね。

 

2人目はE島さん。日曜日のDivision Iスピーチコンテストで発表する予定のスピーチです。タイトルは「命取られるわけじゃない」。E島さんの職場での経験をベースにした、笑いを交えながら、特に若い人には学べる内容のスピーチでした。E島さんにそんな暗黒の10年があったなんて、想像できないところが、またギャップがあってとても完成度の高いスピーチでした。コンテント頑張ってください!

 

3人目はK城さん。K城さんの独特のスピーチがまたもや展開されており、シュールな笑いを誘っておりました。テーマは副業、タイトルは「他人を誉めたい」。誉めるには、悪い部分を知ることが必要というちょっとひねったメッセージがK城さんらしい面白さがありました。真面目な話の合間に必ず笑いを入れる技術さすがですね。

 

最後はS藤さん。今度の日曜日に予定されているのDivision Cのコンテストスピーチです。エリアコンテストからまた色々な部分を変えながら、さらに完成度が高まっており驚きました。何度聞いても、S藤さんがそれほどのあがり症だったとは信じられないですね。是非、まだトーストマスターズに入りたての方に聞いてもらいたいスピーチです。きっと勇気をもらえると思います。スピーチコンテストを経て一気にレベルアップされる方を見てきましたが、まさにS藤さんはそんな感じでした。

 

テーブルトピックの司会はK治さん。ディベートの手法を用いて、〇〇の立場で主張してくださいというユニークで、難しいトピックでした。即興スピーチの練習にはこういうのはいいですね。

難しいテーマではありましたが、スピーカーの皆さん見事でしたね。さすがトーストマスターズの会員です。こういう即興スピーチのレベルが高い。

令和の背景をしらないといいつつも、見事に話を展開されていたHさんや、「元号がいらない立場で主張してください」というお題に対して、「ずっと元号はいらないと思っておりました」とすかさず返すO田さん

K口さんに至っては救急車の有料化について、相手によって有料か無料かを決めるというユニークな提案。S藤さんも、ゴミ収集の有料化について、一般ごみではなく、レストランでの食べ残しへの課金と、本当に皆さんユニークで今回のテーブルトピックは面白かったです。

 

論評の司会はK口さん。

K野さんはH澤会長のマッチングアプリスピーチに対して、これまた強烈にインパクトのある論評を展開されて、聴衆一同大笑い。

Y田さんはE島さんのコンテスト用のスピーチに対して、登場人物の多さによる混乱という、非常に的確なアドバイス。コンテストを見据えたアドバイスでした。

I川さんは急遽本日論評を引き受けて頂きました。周りは笑っていたが自分には分からなかったところがあったなど、自分がどう感じたかという視点で的確なアドバイスをされていました。

H本さんはS藤さんのコンテストスピーチに対して、ほぼ満点の評価。一点だけ、非常に鋭いアドバイスをされていました。しかも、コンテストまでに修正できそうな的確なアドバイスでした。

 

本日は、Hさんの入会式が行われました。約10年前に2年間、江戸クラブに在籍されており、再入会です。こうやって戻ってきてくれる人がいるのは本当にうれしいことです。その間、シリコンバレーに赴任されていたり、これからのスピーチでいろいろとお話しを聞くのが楽しみです。

 

「平成」の通常例会も残すところあと1回ですね。令和になってもこの江戸クラブの雰囲気を維持していきたいですね。

Please reload

Recent Posts

April 21, 2020

March 31, 2020

February 18, 2020

February 4, 2020

Please reload

Archive
Please reload