「江戸クラブのコンテスト」 第618回例会報告

March 3, 2015

第618回例会は、「江戸クラブのコンテスト」、コンテスト委員長は、I川が務めました。

まずは、エリア21ガバナーK口さんのご挨拶、
各役割担当者の紹介(審査委員長:M瀬さん、計時係:M月さん/S根田さん、
集計係:K野さん/H澤さん、会場係:K冶さん/H原さん、インタビュアー:S山さん)、
コンテスト規則の説明。

さあ、コンテスト開始です。

1番目のスピーカーは、Y田さん 「強くなりたい」
実は、強い!? 学生時代の所属クラブの話。
Y田さんの対戦相手は、なんと体重100キロ!体格差のある相手から勝利を手に入れる
ための戦略の数々。柔和な外見から、次々と繰り出される蹴り、フックetc、キマってました。
でも、すねをビールビンで鍛えるのは、想像しただけで、痛そうでした。

2番目のスピーカーは、T島さん 「たかしまFP会議」
Y田さんのスピーチで思わず力が入って、資料がシワになってしまいました・・と前スピ-カーを
自分のスピーチネタにするところ、さすが!
スピーチ原稿は、なんと、コンテスト当日に完成したそうです。
T島さんの職業は、FPだそうですが、即興スピーチの作り方セミナーも開催して欲しいですね。

3番目のスピーカーは、H本さん 「やりたいことをやる」
「やり残したこと、ありませんか?」と、江戸のチャラオさんの問いかけに、なぜか、口をついて
出てきたのは、「映画を撮る」という言葉だったそうです。
「映画を撮る」と夢に向かって、早々にシナリオを書き上げ、高感度カメラも入手。
次は、チャラオさんとの共同制作による上映会?

4番目のスピーカーは、K口さん 「矢印」
ニートだった!と自己開示。矢印の方向を内側(自分)のニーズから、外側(企業)のニーズに
変えたとたん、採用決定。が、ほっとしたのもつかの間、話すこと以外に何ができるのか?との
問に戸惑い。渡り鳥の特性(先頭を飛ぶ鳥、実は疲れたら入れ替わっている)を知り、自分は
スピーチ特化すると立ち位置を決定。とても励まされるスピーチでした。

5番目のスピーカーは、H松さん 「好きのちから」
好きは原動力になる。独身の時代、彼女に会うために35キロの道のりを自転車でぶっと飛ばした!?
いつもは、クールは、H松さんですが、実は、秘めた熱いハートの持ち主だったんですね。
人は、いくつになっても、好きを原動力にその人の力を引き出すことができるというメッセージでした。
次の新しい「好きのちから」を楽しみにしています。

参加賞の授与後は、写真撮影。

インタビューアーは、S山さん。
かゆいところに手が届くような質問、いつもとは、違ったスピーカーの一面を引き出してくれましたよ。

皆さん、ほんとに素晴らしいスピーチでした。
でも、残念ながら、コンテストには、「制限時間」というルールがあり、時間制限による失格者が1名ありました。

それでは、結果発表!

第1位 Y田さん  第2位 K口さん  第3位 H松さん

入賞おめでとうございます。(^^)

第1位のY田さんは、3月29日(日)「お茶の水女子大学」で開催される
エリア21コンテストに出場されます。
みんなで応援に行きましょう!

コンテストを盛り上げてくださった見学者の皆さん、他クラブの皆さん、ありがとうございました。
また、(覆面)審査員の皆さん、お疲れ様でした。

最後のもう一つ嬉しいご報告です!

本日、3回目の見学者、K田さんが入会宣言をしてくれました。
なんとK田さんは、前回第617回の例会でベストT.T.でした。
アイスブレーカーが楽しみです。

次回の例会は、3月17日(火)渋谷区勤労福祉会館で、壮行例会です。

 

 


 

Please reload

Recent Posts

April 21, 2020

March 31, 2020

February 18, 2020

Please reload

Archive
Please reload

~渋谷を中心に活動しています~