ユーモアスピーチ クラブハウスコンテスト 第605回例会報告

September 5, 2014

 

江戸クラブハウスコンテストにご参集下さいました皆様、
ご多忙のところ、お運び下さいまして有難うございました。
多くの方々のご尽力のお蔭様で、
無事にクラブハウスコンテストを開催することができました。
心より御礼申し上げます。
人との繋がり大切さ、尊さ、有難さを身を持って体感いたしました。
 
先ず一番最初のスピーカーは
H本さん、
宝くじの当選通知が届いた!。どうしよう?。何、買おう?。
H本さんが宝クジに当たったのに、
聴いてる私たちも、どうしよう?。何、買おう?。何の為に働いているのか?。
自分はどのように生きたいのか?。を自問しました。
でも、しかし当選通知を開けてみると、当選金額は1,740円。だったのでした。
でも良かったですね1,740円の当選、おめでとうございます。


2番目のスピーカーは
T嶋さん、
T嶋さんは福岡に行くのにいつも飛行機ではなく新幹線で行くそうです。
普通、福岡に行く場合は、飛行機で行く人が圧倒的に多いと思うのですが、
T嶋さんは、新幹線が大好きなので新幹線で行くのでした。
T嶋さんが新幹線好きとは し、知らなかった。。。
6歳 離れた お喋り好きの面白いお姉様に4~5時間掛かる新幹線の中で何して過ごす?。と聞いたところ、「おしぼりが真っ黒になる位、焼き栗を食べるかな。」とのお応えに
場内爆笑。
幼い頃、T嶋シスターズは福岡に住んでいる おじいちゃん・おばあちゃんの家に新幹線で行かれていた。
T嶋さんがお菓子を食べる時、お姉様の許可を得なければならなかった。
お姉様からは、かっぱ海老せんの歌を唄うよう。指令が出され
“辞められない止まらない、かっぱ海老せん。カルビー、かっぱ海老せん♪♪”“と
T嶋さんは唄って再現。
そして、そのかっぱ海老せんをフロアに投げた!。
それを後部座席にいたDペスさんがキャッチ!。お見事!。
私もその技法、使ってみたいです。

3番目のスピーカーは
H松さん、
寒さ厳しい年末。
広大な駐車場で、急いでいた為に、駐車場のエリアNoを書き忘れたたが為に
遭難しそうになった悲劇をユーモアを盛り込んで面白くスピーチされました
。いつもテーブルトピックス等、
即興のセッションでも抜群のユーモアのセンスを発揮されるH松さんですが、
今回“米つきバッタの様に謝罪した。”というところの
ボディランゲージが私は特に好きです。



4番目のスピーカーは
K口さん、
K口さんは昨年、ほら吹きコンテストで福岡で開催された全国大会に出場されました。
その時スピーチされた時と似た様なキャビン・アテンダント姿で登場!。
福岡での珍事件をユーモアたっぷりにスピーチされました。
滑舌トレーニングを毎日欠かさずしてるんじゃないかな?。と思わせる。
大きく、はっきりとしたお声でした。
ビジネス界で繰り広げられているであろう プレゼンを垣間見ることができました。
「○○○○○ピッチ」と言う言葉、初めて聴きました。ビジネス界では当たり前のプレゼン方法なのかもしれません。K口さんはエリアコンテストに出場します!。
おめでとうございます。

5番目のスピーカーは
Y田さん、
ゲームを引退して20年。しかし、パソコン画面の片隅に無料ゲームを発見!。
無料というところに魅力を感じるY田さん。
ちょっとだけのもりが、つい、ポチっとゲームを始めてしまったら、はまってしまった。
敵のモンスターが味方の仲間に変わる。どうしようもなく楽しー。
霜降り肉を投げると仲間に変わりやすい。
霜降り肉を販売している店員はバニーガールでリアルマネーじゃないと駄目よ。と
霜降り肉を買いたいが為、初めて電子マネーを買う。
時間の捻出が上手くなった。朝活2時間。
朝活やっている。というだけでみんなに尊敬された。

6番目のスピーカーは
Z徳さん
急いでいる時に限って対人地雷(犬の糞)を踏んずけてしまう。
Z徳さんは“まる”と言う名の1歳のトイプードルを飼っている。
犬の散歩をしていると糞がたくさん落ちていて、ウチの犬が落したように思われるんじゃないか?。と心配。この糞を落したのは誰だ?!。金田一少年のように推理する。
この糞はあのブルドックの落した糞だな?!。その糞の横にブルドックの絵の描いてあるワンコシールを貼る。誰かが見てますよ。という合図。糞の一つ一つにシールを貼って行った。
“一人地雷撤去キャンペーン” たくさん落ちていた糞が綺麗に掃除されていた。
思っているだけでは駄目。現状を打破しなくては。
あっ!。信号が点滅し始めた。“まる”が地雷発射のスタンバイをしている!。
停まっている車のドライバーが見ている。“まる”は爆弾を落としながら信号を渡った。

7番目、最後のスピーカーは
S根田さん。
年齢より落ち着いて見えるS根田さん。それが中学生の頃からのS根田さんの悩み。
おっさんぽく見えるが故、ユーモアが繰り広げられる日常をスピーチ。
S根田さんは本当に良いスピーチをしたい。と常日頃から思っていて自主練も積極的に行っています。ユーモアのマニュアルもちゃんと読んで このコンテストに臨みました。
“良いスピーチがしたい。”という想いが一番大事。優勝おめでとう!。

 


 

 


1位 S根田さん  2位 K口さん  3位 Z徳さん

入賞おめでとうございます。
1位のS根田さんと2位のK口さんは9月23日、国立オリンピック記念センターで開催されるエリアコンテストに出場されます。頑張れー。応援しています。

Please reload

Recent Posts

December 2, 2019

November 18, 2019

November 5, 2019

November 4, 2019

October 14, 2019

September 30, 2019

September 17, 2019

September 3, 2019

August 20, 2019

August 6, 2019

Please reload

Archive
Please reload

~渋谷を中心に活動しています~